引越しでお悩み解決します!

最近引越しをしましたか?これから引越しをしますか?
引越しの事情によって、引越しの内容は随分変わります。

 

引越しの相場って大体いくらぐらいかな?
引越し業者って何を基準に選べばいいの?
手続きがいろいろあって何からすればいいの?

 

コチラのサイトでは引越しに関わる数ある悩みを解決できるようなサイト構築となっていますので是非ご覧ください。

 

様々な事情での引越し

アパートを引き払って新築の家に引っ越すのなら、
古いガスコンロは捨てて行くでしょう。

 

実家から出て結婚するなら、もしかすると使っている衣装箪笥はそのまま置いて行くかもしれません。

 

転勤で一時的な引越しなら、大きな家具はそのままにして、
家を人にかすかもしれません。

 

引越しの事情は様々で、規模や距離も、環境の変わり方もそれぞれです。
それでも、引越しに関わる手続きや、手配しなければいけないことには、いくつかの共通項があります。

 

引越したら、住所が記載されているものは全て書き換えます

引越す時には、住所が移りますから、
住所が記載されているような書類は全て書き換える必要があります。
住所だけでなく本籍も変える場合には、話はもっと複雑になります。

 

名前が変われば、さらに手続きは煩雑です。免許証、住民票、健康保険証、印鑑登録、銀行口座といった、それでなくとも手続きが大変な所を、ぐるぐると変更して回らなければなりません。

 

ほかの書類が必要で、そのために出直しになったりすると、せっかく出かけたのに、
一日潰れてしまいます。事前に、どの変更にはどれが必要か、
きっちり調べて出来るだけ動きに無駄を減らすようにしましょう。

 

引越しの手続きは書類や挨拶以外にもあるかもしれないということ

色々と手続きに回っている間に、絶対に挨拶が必要な人やお客様へのご連絡が遅くなってしまったら、
大変です。親戚やお得意様、古いお付き合いのご近所など、分類にしてリストを作りましょう。
自分で必要な事をメモに取って、忘れないようにしましょう。

 

それ以外にも、ペットや植木鉢など、移動が難しいものについては特に手配が必要になるかも知れません。ペットのホテルを予約したり、移動のケージを購入したりする必要はありませんか?事前に考えて置くとその場で慌てなくてすみます。

 

日本から外国への引越しなら、地域によっては必要な予防注射はかなり早めに予約する必要があります。それにパスポートなどは一日や二日で出来るものではありませんから、必要な期間を見て間に合うように手配します。

 

学校の転校手続きは、転入先がはっきりしないと手配が出来ません。義務教育の年齢より上なら、受験が必要になります。制服やカバンも出来るだけ間に合わせたいですね。

 

引越し業者がしてくれることは、会社や引越しプランで大きく違う

テレビのコマーシャルを見ていると、引越し業者に何もかも任せきり、というのが良くあります。
見ている間に梱包が済み、運び込み、荷物を開けて、そのまま新しい場所ですぐに今まで通りの生活を始められる、というものです。

 

しかし、実際には、何から何まで業者に任せると引越しは高いものになります。荷物の量や、移動距離、壊れ物や貴重品があるかないか、どの程度荷物が作ってあるか、といういくつもの事情で、見積もりは全く替ります。どの程度の引越しになるか、どこまで自分でするか、予算はどのくらいまでを考えているか、などを考えてから、いくつかの業者に見積もりを依頼しましょう。