ご近所への引越し挨拶について

昔は引越しというとタオルか引越しそばを持って、隣近所に挨拶して回ったものですが
最近はそれほど必須ではなくなっているようです。

 

挨拶の形も人それぞれ、とは言え、全くご近所に挨拶がなかったと囁かれるのも不愉快です。
では、どの程度の挨拶をして置けば、最低限のラインはクリア出来るでしょうか。

 

出て行く時の挨拶

引っ越して出て行く時の挨拶は必要が無いように思えますが、
荷物を運ぶ時には結構な音が出ますし、道路や駐車場を塞ぐこともあります。

 

真下や左右の迷惑をかけるかもしれないお宅には事前に菓子折り程度のご挨拶はした方がいいかも知れません。その他のご近所は、話しをしておくか、今までお世話になりましたと、転居の挨拶文をポストに入れて置けば良いでしょう。付き合いのなかった家には必要ありません。

 

転居先が今までとあまり離れていない場合は、これからも関係する人には忘れずに伝えましょう。
伝える時期はあまり遅くならないうちがベストです。

 

入居先がアパート・マンションの場合の挨拶

こちらも、引越しではごとごと音がしますから、ご迷惑をお掛けする家には必ず挨拶をします。

 

集合住宅の場合、上下左右との関係は非常に大事になります。親しくはしなくても、礼儀正しくはして置く必要があります。両隣と上下のお宅には必ずご挨拶します。もしマンションで大きな管理組合などがある場合は、役員の方にも一言挨拶をした方が、何かと風通しが良くなります。ご挨拶には、高価なものは必要ありませんが、「よろしくお願いします」という気持ちは大事です。

 

昔は左右とも三軒くらい向こうまでソバや菓子折り、赤飯などを持って挨拶に行くのが普通でしたが、最近はご近所と関わりたくないという人も多くなっているので、直接に接している家だけで構いません。

 

持参する物も、例えば、洗剤や石鹸、布巾などを少し詰め合わせにして配るというように、形にとらわれなくなっています。あまり気を使いたくなければ、タオル一本でも構いません。
普段使うもの、邪魔にならないものが好まれます。

 

祖父母・義祖母宅に同居の場合の挨拶

この場合、既に祖父母又は義祖父母がご近所での基盤を築いています。

 

どこにご挨拶に行けば良いか、何を持参するか、などは相談しながら決めて行き、
必要があれば一緒に回ってもらいます。自分たちで考えるよりも事はおおごとになりがちで、
一方的に感じる場面も多いでしょうが、最初はできる限り折れましょう。

 

一軒家に入居する場合の挨拶

新築でいくつも戸建が一気に出来て、一気に入居になる場合は、ご挨拶は両隣だけで構いません。

 

声をかけ始めるとすぐに、挨拶しなければならない範囲が広がってしまいます。
早めに両隣だけで済ませましょう。

 

古い一軒家が並ぶ住宅街に転入する場合、何か配るのは、直に接している両隣と向かい、またはそれに後ろの家くらいで構いません。その代わり、挨拶の手紙を配ります。

 

ブロックで区切りが切れているところを目安に五、六軒のお宅に「転入します」ということと「よろしくお願いします」ということ、もし嫌でなければ、「夫婦二人と小学生の男の子が一人」などと言うように簡単な自己紹介をつけた手紙をポストに入れます。

 

手紙は、ご挨拶をかねて持参するのも喜ばれます。こういう環境では全員が知り合いです。どこにもご挨拶をしないと、とても長いあいだ「どんな構成か」「何をしている人か」と余計な詮索の的になります。

 

引越し業者によっては、近隣への挨拶もしてくれる場合があります。
見積もりの時に確認しましょう。多くの業者に話を聞きたい場合は、一括見積もりサイトなどを利用すると簡単に情報を集められます。

 

関連ページ

夫婦での引っ越し|実家に挨拶はするべき?
夫婦での引越しの際に実家に挨拶はするべきなのでしょうか?人それぞれだとは思いますがこちらでは実家に挨拶する際の手順など紹介していきます。考えられている方は参考にしてみてください。
引越しの挨拶をした方がいい人とは?挨拶周りの方法
引越し時の挨拶は一体どこまですればいいの?誰に挨拶すればいいの?こんな悩みも多いと思います。こちらでは引越し時の一般的な挨拶回りについて掲載していますので参考にしてみてください。