バイトに任せて引越し大丈夫?

引っ越しにくる作業員はバイトが多い、と聞いたことがあります。

 

実際、引っ越しのシーズンには人手が足りないため、かなりの割合でバイトが入ります。
では、そんなことで大丈夫なのでしょうか。

 

社員だけでやっている業者はまれ

引っ越しの作業に来る人は、バイトがかなり入ります。
特に引っ越しの多いシーズンには人手が足りなくなるため、多くなります。

 

これは、引っ越し件数が季節によって大きく変わるので、常に十分な人数を確保しておくことが出来ないためです。中には社員だけですといいながらバイトが来るような会社もあります。

 

社員だけでやっている会社ではあまり値引きしませんが、仕事は確実で早くて丁寧です。
しかし、忙しいシーズンには仕事がさばききれず、希望の日時で断られる可能性があります。

 

リーダーは慣れている社員

バイトの人が手伝いに入るにしても、まともな業者ならリーダーは必ず社員です。

 

引っ越しの手順はやはり、リーダーが教育を受けた社員でなければ指示がうまく回らず、
時間がかかり、その割に雑になります。

 

バイトにもプロ並みの人とド素人がいる

バイトとはいえ現場経験が長くなると、体力が付き、手際が良くなります。

 

ところが引っ越しのシーズンになると、今日が初めてなんです、昨日から始めました、というバイトが沢山入ります。そうなるとリーダーがよほど目を光らせていないと時間ばかりかかって不手際がある、という状況になります。

 

時期をずらせるなら引っ越しが少ない時を選ぶと、安くなりますし、正社員が来る確率が上がります。シーズンによる金額の差は、1.5倍から2倍になるという話もあります。
できれば引っ越しの多い時期は避けましょう。

 

高そうな時期なら何日か候補を挙げて見積もりを

引っ越し業者の方から言ってくることもありますが、曜日や日付で引っ越し料金が変わります。

 

四月から転勤になるからから、その直前の三月末に引っ越そう、連休があるからその前に有休をとるとちょうどいいな、おお、この日は大安じゃないか、と好条件ばかりそろってしまったら、その日は間違いなく引っ越し料金の高い日です。

 

その日にこだわらず、何日か候補をあげて検討しましょう。
何日かずらすだけで随分下がることもあります。

 

見積もりは必ず複数社からもらう

見積もりを取る時には、必ず何社か見比べることをおすすめします。

 

一括見積などで何社かに絞り、その中から来てもらって実際の見積もりをもらい、
話を聞いた上で、自分で実際に納得できる所と契約しましょう。

 

バイトを使わないところは丁寧で信用できますが、その分割高です。とにかく安いプランを出してくれ、というと最初から見積もりにドライバー1、バイト2と書き込む会社もあります。安いプランではそのメンバーが当りかはずれかは運任せです。

関連ページ

引越し業者さんへはお茶を出した方がいいの?
引越し作業での休憩時間や合間のひと時に作業員へのお茶は出すべきなのか?といった質問にお答えしています。
引越し当日の子供の一時預け先はどこにするべき?
小さいお子様がいるご家庭は引越しの際にお子様を預ける方もいると思います。そんな時は一体皆さん何処にお子様を預けているのでしょうか?こちらでは預け先についてご紹介していきます。
引越しが終わってからまず最初にするべき事とは?
新居への引越しがすべて終わってからまず一番最初にするべきコトをまとめてみました。引越し当日からの生活をより良くするために参考にしてみてください。