ものが多くて困ってます。

引っ越しをする予定なのに、荷物が多くてどうしようもない。
このサイズの住居とは思えないほどの量の持ち物があり、見積もりに来てもらうのが恐怖だ。

 

そんな人はいませんか。もらった物は捨てられない、いつか使うかも知れない、誰かに使ってもらいたい。そんな品物が家じゅうにあふれている。そんな人はその荷物を持って引っ越しをするのでしょうか。

 

もちろんお金さえ払えばすべて運んでもらえますが、
不必要な物を運ぶのにお金を払うのはもったいないですね。

 

引っ越し業者の不用品処分を利用する

引っ越し業者の中にはリサイクルショップを運営していたり、提携していたり、
ということで不用品の処分を引き受けてくれるところがあります。

 

大すぎるタオルや使わない家具などは見積もりの時に相談すると、
引っ越しの当日、または前後に処分してもらえます。

 

リサイクルショップや不用品処分の業者を探す

引っ越し業者とは別に、引っ越しで出たごみや不用品を処分してもらえるサービスがありますので、
それらを利用します。粗大ごみでもそのまま持って行って処分してくれるので便利です。

 

いずれにしろ、仕分ける

どちらにしろ、最初にすることはまず、どうしても持って行かなければならないものと、
そうでないものを大体分けることです。

 

実際に見積もりに来てもらって、荷物を見てもらい、引っ越し料金がいくらになるか出してもらいます。その時に、どうしても持って行くものだけにすると、いくらぐらい違うか聞いてみます。かなり金額が違うようなら処分しようという気持ちになると思いますので、処分代も見積もりしてもらいます。

 

それを何社かしてもらって、不用品引き取り業者にも見積もりをもらって、
それから両方を合わせて考えましょう。

 

思い切る

自分で処分が出来ないから荷物がたまっているので、この機会に思い切って持って行ってもらえば諦めもつこうというもの。どうしても手に入れづらいもの以外は捨てるチャンスと思って、すっぱりと捨ててしまうのもいいのではないでしょうか。

 

見積もりは一括の見積もりなどを使えば、不用品引き取りをしている会社もすぐにわかって便利です。
それにごみに出すよりはリサイクルとして引き取られていくなら、どこかで誰かが使ってくれる、という安心感があります。

関連ページ

ゴミや部屋の掃除!引っ越し前の一仕事
引越し準備をするにつれてどんどん増えてくるのが粗大ゴミやゴミ。引越しをしようにもまずはこのゴミをどうにかしないことには作業も進める事ができません。こちらは引越しの際のゴミ処分について詳しく説明しています。
引っ越す時にクリーニング代や修繕費を取られない方法
退去時の部屋の状態によってはハウスクリーニングを余儀なくされ、引越し料金に加えクリーニング代や修繕費が重なり思わぬ出費を招く事があります。こちらではハウスクリーニングや修繕費をなるべく安く抑える方法をご紹介していきます。
部屋が汚くて引っ越しが困る時の対処法は?
引越し準備の途中であまりにもゴミや不用品が出てきてしまい、準備の邪魔になり思うように作業を進める事が出来ない時はまず何をすればよいのでしょうか?こちらではその対処法をご紹介していきたいと思います。
引越しでの掃除をハウスクリーニングや引越し業者に頼む場合
退去する部屋の掃除はハウスクリーニングや引越し業者に頼むことができます。そういった場合はどんなことをしてくれるのでしょうか?またどういった場合にハウスクリーニングが必要となるのかをご紹介します。