引っ越したらすぐ開ける箱

引っ越しをする時には、むやみやたらに何もかもを箱に詰めてしまうと、
荷物を開く時にとても困ります。だからといって、全部の荷物を当日に作るのはほぼ不可能です。

 

できれば前もって徐々に荷物を作っていき、良く使うものだけを最後に閉めます。
その箱が、引っ越しをしたら最初に開ける箱です。では、どんなものがその箱に入るでしょう。

 

毎日使うもの

お玉やおはし、お茶碗やコップなどの食器がこれにあたります。
引っ越し先ですぐ使えるように、最後に開ける箱に入れておきます。

 

ただ、引っ越しの最中に使ってしまうと、洗うのが大変なので、
当日の引っ越し前は食器類は使わないで済むような食事にします。

 

メモやボールペンなどの筆記具も必要です。
手持ちのカバンと、最初に開ける箱の両方に入れておきます。
両方は使いませんが、引っ越しの時には案外書くことが多く、他の人も必要になることがあるからです。

 

それに、引っ越しの時には、物がどこに行ったか分からなくなることが多いので、
使ったらこの箱に入れておいて、というのがあると便利なのです。

 

引っ越しで使うもの

梱包に使うもの、たとえばマジックやガムテープなども入れます。
はさみ、カッターなどと一緒に袋に入れてから箱に入れます。

 

何かしまったら、どの箱に何が入っているか、どこに置いたからなど、
出来るだけ細かくメモを取ります。箱の外に細々と書いてもかまいせん。

 

すぐ出ないと困るもの

バンドエイドやごみ袋がこれにあたります。
カバンに入れて持ち歩くほどではないが、場所が分かっていてすぐ出せると便利な物、です。
これは人によって違うと思いますが、あまり詰め込みすぎないようにしましょう。
準備したほどには使いません。

 

それと、これは手荷物でも構わないのですが、引っ越し業者と交わした契約書か、
その写しをどこかに入れておきます。何か疑問に思うことがあったらすぐに確認できます。

 

例えばピアノを運ぶのは契約のうちに入っているかどうか、蛍光灯のつけはずしをしてもらえるかどうか、などです。こういうことは個別の契約です。勘違いしたり、追加料金の対象になったりすることがないように、念のため持っているとすぐ見られます。

 

一括でもらった見積りなども、その時にはどう言っていたかを見られるので、この箱に入れます。
意外と役に立つのがタオルです。特に引っ越しが雨になりそうだったら大目に用意しておきます。

 

直前に閉める箱には、手荷物に入れるほどではないが頻繁に使うものや、引っ越しで使うもの、毎日必ず使うものを入れます。こうして置くと、全ての箱を一気に片づける必要がなく、順番に出来る範囲で開けていくことが出来ます。それでなくても引っ越しは負担が大きいので、出来るだけ効率よくすることが大事です。

関連ページ

捨てるもの・捨てないもの!荷造りを始める前に仕分けしよう
荷造りをスムーズに行う為に荷造りを始める前にしておくべきことがあります。それは捨てるものと捨てないものを分けておくこと。こちらでは荷造り前の仕分けのコツを紹介していきます。
荷造りを始めよう!段取りのよい荷造りの方法
段取り良く荷造りするうえで覚えておくと非常に為になるポイントを紹介していきたいと思います。荷物を入れる順番・荷物のつめ方などなど、是非参考にして頂き、荷造りを効率良く進めてみてください。
荷造りをする際に気を付ける事と箱詰めのコツ
引越し業者にすべて任せるとその分料金も高くなってしまいます。なので荷物を詰める事は自分でするという方が多いのですが、その際の荷造りをする時に気を付けるべきコト、箱詰めのコツを紹介します。
荷造りの時の正しいダンボールへの梱包の方法
ダンボールへの梱包の仕方で荷物の運搬が簡単に進んだり、逆にはトラブルのもととなってしまう場合もあります。こちらでは荷造りの際の正しいダンボールへの梱包の方法をご紹介していきます。
荷造りを始めるタイミングとは?荷造りに悩まない為に
荷造りを始めるのが早すぎるあとあと必要なものがでてきてまた荷物をださなければならない、というトラブルを招きかねません。そうならない為にも荷造りを始めるタイミングを知っておく必要があります。