引越しの繁忙期と閑散期はいつ?|料金の違いや相場

一口に「引越しにかかる料金」と言っても、
その値段は、荷物の量や距離、時期によって大きく左右されます。

 

今回はそれを、「時期」という観点から見ていきましょう。

 

引越しの繁忙期と閑散期

まず知っておいてほしいのは、
「引越しには繁忙期と閑散期がある」ということです。

 

これは業者によって多少の違いはありますが、
どこの業者であっても混みあうのが、3月から4月までの時期です。

 

この時期は引越し業者がもっとも忙しくなる時期です。
なぜならこの時期は、新生活に向けて多くの人が移動をする時期だからです。

 

進学、就職、転勤……。このような事情で居を移す人が多いこの時期は、
当然のことながら需要が高くなるため値段も高くなります。

 

次に比較的混みやすいのが、「夏休みや冬休み」です。

 

子どもが長期休みに入る時期ですから、
「新学期から新しい学校に通わせられる」ということで、
この時期に引っ越す人が増えます。

 

かなりゆらぎがあるのが「12月」です。
「新年度を新しい家で迎えたい」「冬休みなので引越しをこの時期に終わらせたい」
という人がいる一方、「ただでさえ慌ただしい年末に引越しなどしたくない」と
考える人もいるため、かなり個人差・業者差が大きくなるのです。

 

繁忙期の引っ越し料金について


ここでは、わかりやすい「3月〜4月」を「繁忙期」として考えましょう。
繁忙期と閑散期では、料金がまったく異なってきます。

 

たとえば、単身者で20キロ圏内での引越しの場合について考えましょう。
この場合、閑散期であるのなら、3万円台でも十分に引越しが可能です。
しかし繁忙期の場合は5万円を超える費用がかかることがあります。

 

「家族1世帯で引越しをする」という場合、荷物量がとても増えます。

 

そのため、料金も高くなります。3人以上での家族の場合、
引越しの距離にもよりますが、閑散期と繁忙期では値段が倍以上変わることすらあります。

 

閑散期ならば11万円程度でできる引越しが、
繁忙期の場合は23万円を超えるということも決して珍しくありません。

 

見積もりを複数社に依頼したい


このような「金額の上昇」を抑えるためには、
複数の会社に見積もりをお願いするのが賢いと言えます。

 

もちろん3〜4月はどこも繁忙期であるため料金は高くなりますが、
それでも、1つだけの会社に依頼するよりは比較検討がしやすくなります。

 

また、上でも述べたように、12月などは
業者や年によって「混み具合」が違います。

 

Aという業者は非常に混んでいるけれど、
Bという業者は手が空いており安く引越しをさせてくれる、ということもあり得ます。

関連ページ

引越し費用はどれくらい?引越し料金の内訳ついて
皆さんは引越し費用に掛かる内訳をしっていますか?知らないと知っているでは費用に大きな差が出る事も少なくありません。無駄な費用を掛けないために引越し費用の内訳を知っておきましょう。
業者ごとに違う引越し費用一括見積もりの内容
引越し費用一括見積もりは引越し業者によって大きく変わります。間違って無駄な費用をかけないためにも基本のセット・オプションについて詳しく述べていますので参考にしてみてください。
引越し業者によって変わる引っ越し費用の違い
引越し費用は引越し業者によって大きく変わることは皆さんも知っているかと思いますが、一体なぜ料金の違いが発生してしまうのでしょうか?こちらでは引越し業者による費用の違いを紹介していきたいと思います。