引越し業者によって変わる費用の違い

引っ越し料金の相場というのはどのくらいなんでしょう。
どこを見ても、安いとしか書いてなくて、どの程度だか、見当がつきません。

 

どうしてどこもはっきりと書かないのでしょうか。それは、はっきりいくら、と書けないからなのです。

 

見積もり金額は色々なことに影響される

どこの引っ越し業者を見ても、引っ越し料金は大体いくらくらい、としか書かれていません。
お問い合わせください、だの、見積もりにすぐ行きます、という文字を見ると、
どうしても怪しいのではないか、と思ってしまいます。

 

なぜはっきりと金額を書かないのか、
それは、様々なことで引っ越しにかかる金額は多く変わるからなのです。

 

例えばどのくらい前から予定が立っていたか、例えば荷物は出来ているか。

 

荷物を運び出してからのクリーニングをするか、ピアノなどの運送が難しい物がないか、シャンデリアを取り外して、新居に付けて行ってくれるか、そういったことは電話だけでは伝えきれません。

 

引っ越しをする人の気が付かないようなこともあるかもしれないのです。転出が突然なら、追加の料金を取られることもあります。業者の方ではそういうことまでを含めて、実際に荷物を見てから見積もりを出したいと言っているのです。

 

なんでもかんでも来てもらえば良いか?

なんでもとにかく来てもらって、荷物を見せて見積もりをもらえばいいのかしら?

 

というとそうではありません。何がパックになっているか、何が別料金か、
業者ごとに違うからです。あなたの事情が様々であるように、引っ越し業者の事情も様々です。

 

自分の持ち物の中で特に注意が必要になるものがあれば、それを中心に見比べていくと良いでしょう。それと、転勤や進学のシーズン、夏休みなどは引っ越し代金は高くなる傾向にあります。引っ越し業者も、手が空いている時には安く、混雑している時には高くなるのです。まず、一括見積などである程度見比べて、その中からいくつかを選んで連絡を取るようにすると混乱せずにすみます。

 

また、業者の中には、見積もりに来てその場で契約をしてくれ、という者もありますが、自分で納得していないのなら、契約はしない方が良いでしょう。今契約しないとその日はもう予定を入れられない、とか、何週間前に契約するとおまけがつきますよ、安くなりますよ、ということもありますが、自分で納得できない時には、やめた方がいいのです。また、同じ業者なのに営業所が違うと料金が違うこともあります。

 

これは個人で請け負う契約をする所に良く見られます。
こちらの業者ではそれは別料金だけど、こちらでは無料サービス、ということもあります。

 

どんなことでも、思い込んでしまわずに、確認するようにしましょう。
それと、安ければ何でもいい、安くしろ、とやたらにいうのはやめましょう。

 

きちんとした業者に、きちんとした仕事をしてほしければ、余計です。

関連ページ

引越し費用はどれくらい?引越し料金の内訳ついて
皆さんは引越し費用に掛かる内訳をしっていますか?知らないと知っているでは費用に大きな差が出る事も少なくありません。無駄な費用を掛けないために引越し費用の内訳を知っておきましょう。
引越しの閑散期と繁忙期
業者ごとに違う引越し費用一括見積もりの内容
引越し費用一括見積もりは引越し業者によって大きく変わります。間違って無駄な費用をかけないためにも基本のセット・オプションについて詳しく述べていますので参考にしてみてください。