いろんな引っ越し!事情や状況に応じた引越し対策記事一覧

海外転勤などで日本から海外への引っ越しをすることになった場合、通関の書類を書く、という以外で、日本国内の引っ越しとどういう違いがあるでしょうか。船便と航空便海外へ送る荷物は航空便と船便があります。航空便は距離と重さで料金が決まります。小さくても重い物は高くなります。ぴったり密封された袋は、気圧の関係で飛行機の中で破れてしまうことがあります。特に空気が多い袋は上空でパンパンに膨れて、破れなかったとし...

アパートから一軒家に引っ越すと、そうするとどんなことが変わるでしょう。また、どんなメリットやデメリットがあるでしょうか。アパートと一軒家何が違うかアパートの時は、共同住宅としてのマナーや周囲からの生活雑音に悩まされ、また自分の立てる音も周囲に聞こえているという負い目もありましたが、一軒家ではそういうことはありません。アパートは賃貸ですが、一軒家は賃貸よりも購入する場合が多くなります。アパートでは上...

引越しの当日、お子様は学校ですか?意外と困るのが、小さな子供を連れての引越し。事故でもあったら怖いから、子供から目を離すわけには行かないし、そうかと言って公園や散歩に行くわけにもいかない。子供が引越しに飽きてしまったらどうしよう。小さな子供を連れての引越しは、事前の準備が決め手です。出来れば預ける一番良いのは、保育園などに一時預かりしてもらうことです。引っ越しの間は子供に十分目配り出来るとは限らな...

ペットは大事な家族です。引っ越しの時にも、十分な注意を払い、怪我をさせたり、悲しい思いをさせたりしないようにしましょう。マイカーでの移動車に慣れている子なら、一番楽です。ケージやバッグに入っていてもらい、いつもと同じような環境で引っ越しが出来ます。ただ、距離が長くなると酔うこともありますし、車に慣れていないと暴れることもあります。子供と同じように、熱い車内に長時間置いてはいけません。酔い止めやおや...

人生の一大事、引越し。どんな時に引っ越すか、事情は人それぞれです。とはいえ、どんな引越しがあるのか、どんな状態で引越しをするのか、少し興味がありますね。では、引っ越しをする事情とその時の当事者の状態を考えてみましょう。まず、考えられるのが、家を建て替える場合です。これは古い家から、作ったばかりの新しい家に移ります。家を壊して元の場所に新しく建てる場合と、敷地内に別に建ててから古い方を壊す場合が考え...

妊娠中は引っ越しをしない方が良い、という地方もあるくらい、妊娠中の引っ越しは妊婦への負担が大きい事業です。赤ちゃんにとっても大変な負担になりますので、安定期に入る前や、出産間近はさけます。もしどうしてもその時期に引っ越しをするのであれば、全て引っ越し業者がしてくれるコースを使うなどして妊婦の負担を出来る限り減らしましょう。お医者さんに相談する妊娠中は体調が安定しないこともありますし、人によっては安...

現在の日本の義務教育では、ほぼ住んでいる地域で通学する学校が決まります。学校制度は公立校に選択制を取り入れているところもありますが、実際のところ公立校で選択の余地があるのは、通学圏内に幾つか候補になる学校がある場合、つまり、人口が密集している地域に限られます。引越しの距離がごく近い場合、例えばアパート住まいだったのが、新しくマンションを買い、それが同じ学校区だったら、通学班は変わりますが、転校まで...