大手と中小の引越業者比較

引っ越し業者はどこにすれば良いか、本当に悩みます。

 

口コミサイトを見て、親切だと書いてあったのに電話をかけてみたら感じが悪かった。
とても良いと評判の業者はその分高かった。など、色々なことがあるものです。

 

出来れば安い業者に頼みたい、でも、いい加減な業者の仕事に泣くはめになるのは嫌だ。
そう考えたとき、どうやって選べばいいのか、全くわからなくなってしまいます。

 

大手の引越し業者の特徴

大手の引越し業者とは、支店を沢山持っていて、車両や機材や経験によるノウハウを沢山持っていて、社員が沢山いて、コマーシャルを沢山やっている所です。

 

だから、引っ越し先が遠くても、トラックを積み替えたりしないで済みます。特別な荷物があっても対応が出来ます。手順がマニュアル化されているので、社員によるあたりはずれが少ないハズです。サービスの種類は多く、その分金額は高めです。値引きなどの返事には多少時間がかかることがあります。

 

中小の引っ越し業者の特徴

中小の引っ越し業者は、地域密着型で信用第一です。
車両は少なく、小さ目です。狭い地域内で営業していることが多いので、
その地域ならではの事情に詳しく、細かいアドバイスをもらえることがあります。

 

小さな会社が多いので、荷物の量や、ルートなどに融通が利きます。一緒に車に乗せて移動してくれることもあり、荷物のついでなどがあると引っ越し費用を安くしてくれることもあるようです。個人営業だったり、少人数の会社だったりすると、値引きや日程の交渉がスムーズです。

 

ただ、エリアが狭いので、遠くまでを頼むと別の業者に積み替えることもあり、結局高くついたり、荷物の破損事故につながる機会が増えます。また荷物の多い引っ越しだと十分な車両が確保できず、往復して時間がかかることもあります。

 

荷物が多くて遠くなら大手、少なくて近くなら中小

 

大手にするか、中小にするかは、自分の荷物の量や引っ越しの距離、
引っ越し日までの日程などを考えに入れて、決めましょう。

 

荷物が多くて遠いなら大手が便利。近くて少ないなら中小が安く済みます。
いずれにしろ、一括見積りなどで何社か見比べてみてから考えるようにしましょう。
大手も、中小も両方とも一緒に、大体の見積もりが取れます。

トップへ戻る