引越で残ったごみや掃除の問題

引越し前に十分掃除をしたつもりでも、荷物がどかされてみると、
あちらにもこちらにも家具の跡が着いて、しみや汚れが目立ちます。

 

畳も壁紙も日焼けして、ちょっと拭いたくらいでは落ちそうもありません。
また戻ってきて掃除をするべきでしょうか。そんな風に悩まないために、事前に掃除しておきます。

 

アパートの畳や壁紙

ごく小さいアパートなら、とても丁寧に掃除がしてあれば、
大家にハウスクリーニング代を払う必要はありません。

 

畳の日焼けや壁紙のシミなども、住んでいて自然にこうなる、
程度でしたら特に追加での支払いは不必要です。
引越しの少し前から丁寧にすみずみまで掃除をして、当日はほうきをかけ、水拭きすれば十分です。

 

何年も住んでいたアパートを出た時に、畳代を請求されるようなことがあれば、それは支払わなくてもいいお金かも。新しく入居する場合も、最初に気になる場所があれば写真を日付入りで撮っておきます。出るときに、自分の責任ではないという証拠に出来るからです。

 

しかし、タンスの置いてあった場所がはっきり分かるほどカビが生えていたり、風呂場の天井が湯気で剥がれ落ちていた場合には、修理や張替えの料金を取られるかも知れません。明らかに普段の掃除が悪くて建物がいたんだ場合には、責任は住んでいた人にかかってくるからです。

 

借家やアパートでは、換気や湿気には気をつけましょう。
タバコの焼け焦げは賠償する必要があります。
換気扇周りと風呂は掃除に時間がかかります。引越し当日は忙しいので前々からやっておきます。

 

ふすまや障子は、何年も住んでいたら破れます。
骨を折ったりしていなければ、払う必要も張り替える必要もありません。

 

一軒家やマンションを借りていて、契約事項に「返却時は現状復帰」とあったら、改装したところや手直しを元に戻す必要があります。しかし、もとより建物が良くなっているようなら、不動産屋を通して大家に申し入れると、そのままで良い場合もあります。

 

ハウスクリーニング代は、ほとんどの場合で必要です。
引越し業者がサービスでハウスクリーニングをしてくれる場合もあります。
サービスは、これか、これか、これ、と選択制になっている場合もあります。
良く聞いて、考えてからお願いしましょう。

 

引越しの後にごみが残ったら

少しぐらいのごみなら、大抵引越し業者が片付けてくれます。
しかし、家電や粗大ゴミは別手配だったり、有料だったりします。

 

出来るだけ事前に打ち合わせをして当日一緒に片付けてもらうか、事前に始末して置きます。

 

分別したゴミを捨てそびれると、引越しなのに袋一杯のペットボトルをトラックに乗せてもらう、手荷物で生ゴミを運ぶ、という情けないことにもなりかねません。ご近所に預かってもらって後で電車で捨てに来る、という手もありますが、出来れば事前に計画的に捨てましょう。

 

どうしてもゴミが残ってしまったり、掃除が行き届かなかった場合は、引越し業者に有料で追加オプションとして頼むことも出来ます。危なそうだなと思ったら、見積もりの時にきちんと聞いておきましょう。
一括見積もりを使うと楽です。

トップへ戻る