自分で引越段ボールを詰める

何もかもを引っ越し業者に任せると楽ですが、高くなります。

 

全部自分でするとなると大変です。そこで、荷物を詰めるのは自分でやって、業者に運んでもらうというケースが一般的になってきます。では、荷物を作る際に気を付けること、箱詰めのコツを見ていきましょう。

 

箱は選んで

引っ越しの段ボール代も買うとばかにならないので、スーパーでもらってきて使うこともできます。

 

スーパーには手に持ちやすい手ごろなサイズの段ボール箱がおいてありますが、中に何が入っていた箱か見て、カビたり歪んだりしないものを探します。野菜などの水分が多いものが入っていた箱は、そのまま使うとカビる場合があります。大事な荷物がカビては大変ですから、使うのはやめましょう。

 

スナック菓子などの軽いものが入っていた箱は、大きくても強度が弱い場合があります。
軽くてかさばるものがあればそれに使っても良いですが、できればやめましょう。

 

大型の箱が欲しい場合は電気店かホームセンターでもらえる場合がありますので、そちらにしましょう。
中に仕切りがあるものは分けて入れるのには便利ですが、沢山は入りません。
もらってくる箱は一長一短があります。良く考えて用途に合わせて使い分けましょう。

 

大型の家具は中身を出して

タンスや引き出しなどの中身は出して、段ボール箱に詰めます。
軽いものは大きな箱で構いませんが、重いものは小さい箱に入れます。

 

段ボールの数を少なくすることより、持ち上げられる、他の箱に乗せられる、
いくつも重ねられる、ということを考えて箱詰めして行きます。

 

種類別、場所別

荷物を作る時にはまず、しまっても不便がないもの、荷造りして奥の方にしまえる物、普段使わないもの、と考えて荷造りを始めます。そうしないと、作った箱がじゃまで生活が出来なくなりますし、一度閉めた箱をまた探し回って開けたりするようになります。

 

詰める時にはまず、新居でどこに置くかを考えて、箱は運び込む場所別か中身の種類別にします。
箱の中身を、サイズや形などの詰めやすさで決めてしまうと、必ず行方不明が出ます。

 

引っ越し荷物を探し回ると時間がかかりますし、ぐちゃぐちゃにしてしまうと結局散らかして余計に手間がかかります。少しでも後の手間を減らすためにも、箱の中身は分かりやすくしておきましょう。

 

重すぎない、大き過ぎない

荷物を箱詰めする際にはつい、出来る限り大きな箱に目一杯入れようとしがちですが、それよりも運びやすく、積みやすいようにするのが大事です。荷物を自分で作るプランでは、荷物をほどくのも自分です。手に持って移動しやすくないと、作業が大変で腕や腰を痛める原因になります。

 

引っ越しの時にどんなコースやオプションがあるかは引っ越し会社にもよりますし、季節にもよります。まずは、一括見積などでいくつか見比べてみると、思いがけないサービスを見つけられることもあります。

トップへ戻る