引っ越し前に仕分けておこう

引越しの荷物は少ないほうが楽です。
でも、その場で捨てる物と持って行く物に分けることは到底出来ません。

 

引越しが決まったら、徐々に仕分けておくのがベストです。
ではどんなものが仕分けの対象になるでしょうか。

 

使わないけれど取っておいてあるもの

引越しの度に持って行くけど、実際はほとんどあけたことがない箱、というのはありませんか。お祝いでもらった鍋や、パーティ用の大皿、なんだか良く分からない土産物などが入っています。使うものなら良いのですが、なくても構わない物ならこの際処分すると一気に荷物がへります。

 

そういう物は知らないうちにたくさん持ちすぎているものです。一度全部出してみると、その量の多さに驚くものです。それを運ぶのにもお金はかかるのです。余程思い入れのあるもの以外は、思い切って全部処分しましょう。

 

空き瓶や紙袋

空き瓶や紙袋など、いつか使うし、ないと困るのよね、と溜め込んでいませんか。
お客様が来た時や、子供の友達が来た時にちょっと手土産を持たせるのに便利でしょう?
と包装紙などを集めてはいませんか?使うとしてもそれほどの量は必要でしょうか。

 

タオル・シーツ

タオル・シーツ類は貰い物ですか?新しいものがたくさんあるなら、古い物は捨てて新しいものを出しましょう。引越し当日が雨になりそうなら、荷物や床を拭くのにいくつか残して、あとはまとめてリサイクルゴミの日などに出します。

 

使わない家電品

動かない家電や使わない家具など、引取りにお金がかかるからと、
そのまま置いてあるものはありませんか。この際ですから、きれいに処分しましょう。

 

保存食

食品収納庫や棚に、いつのものか分からない保存食はありませんか。
期限を確かめて、過ぎていたり、傷んでいたら処分します。

 

着ない洋服

好みに合わないけれど捨てるほどではない、と思って出してあるけれど、結局誰も使わない、というセーターや小物も仕分けの対象にします。そうやって考えてみると、実際運ばなければいけない荷物はいきなり減ります。

 

大型家電

タンスの数や冷蔵庫などの大型家電の数は、引越しの見積もり金額に響きます。引越し業者に見積に来てもらう前にある程度減らしておきましょう。見積もりを頼むのには一括見積もりを利用すると簡単です。

トップへ戻る