雨の日の引越しトラブルを避け方法

引っ越しの日が必ず晴れならいいのですが、雨になることももちろんあります。
家具が濡れないだろうか、濡れた家具を入れたらかびないだろうか。悩みは尽きません。

出来れば天気の良さそうな日取りで引っ越す

雨や雪が降らなければそれに越したことはありません。
出来るだけ雨の少ない季節に引っ越しの日程を組みます。

 

季節により引っ越し料金も変わりますので、一括見積などで見積もりを取る時に、
季節による変動や曜日による違いなどもチェックするようにしましょう。

 

雨になりそうなら対策をしておく

それでも雨に降られそうだな、と思ったら、あらかじめ出来る限りの対策をしておきます。
段ボールに荷物を詰める時に、一度ビニール袋に入れてから詰める、
とかカバーがあるものは被せておく、とかです。

 

引っ越し業者の方でも雨の対策はしてきますし、何もかも袋をかぶせてあったのでは運びにくくなります。ある程度、自分で出来る範囲で、作業の邪魔にならないところを、と心がけましょう。

 

それでも濡れてしまったら

あらかじめ雨になりそうだとなったら、古いタオルを用意しておきます。
出来ればそのまま捨てても良いようなタオルを、引っ越し前に仕分けて置くと良いでしょう。
荷物が運び込まれて、定位置に置かれたらすぐ、片端から拭いていきます。

 

古いタオルならそのまま捨てますし、そうでなければ後でまとめて洗うので、拭いたタオルはビニール袋にどんどん入れていきます。忙しい引っ越しの最中ですから、いちいち洗って絞って、ということをしないで良ければそれに越したことはありません。

 

それと、濡れてしまったものが周りの物を濡らしてしまわないよう、軽い物ならビニールシートなどにまとめて乗せておきます。濡れたら必ず拭くこと、箱をつぶさないようにすること、などに気を付けましょう。

トップへ戻る