引越しでの家具が壊れた・荷物の紛失について

引越しでの家具や荷物が壊れた・紛失した場合の対処法

引越荷物が壊れたら、費用は誰持ち?

引越しでは、家財道具一式を引越し業者に預けるのです。
荷物を落としたり、ぶつけたりして壊してしまったら業者は全額弁償してくれるのでしょうか。

 

答えはNoです。

 

その時の状況が、はっきりと業者のミスである、ということと、もともとは壊れていなかった、
という二つのことがはっきりしている場合、ある程度は業者側で賠償してくれます。

 

賠償額はどれくらい?

実は引っ越しを請け負う業者は、
引っ越し荷物に必ず保険を掛けることになっていてある程度は保険金から補償出来るからです。

 

しかし、たとえ業者のミスであっても弁償金は限度額がありますので、全額は望めません。例えばお皿ならいくら、というように品物によって限度額が決まっていて、買った額で補償してくれるわけではありません。その保険は一般的なものを全体的にカバーするものなのです。

 

高価なもの、壊れやすい物については補償外なので、
引越しする側でお金を払って個別の保険に入らなければなりません。

 

また悪質な業者ですと、頼んだのとは違う車種で来たり、作業員に契約の内容や細かい指示が伝わっていなかったりすることもあるようです。そうすると扱いが不適切で大事な家具に傷が付くこともありますが、そんな業者ではまともに取り合ってくれない可能性もあります。

 

家財が引っ越しの時に壊れたら

まず運び込む時に家具に傷がないことを確認してもらいながら、運んでもらいます。
傷がある時にはあらかじめ引越し主と引越し業者で確認して、必要なら写真を撮ります。

 

荷物を運んでいる途中で、業者がぶつけたりしたら、必ず「ぶつけた」ことを業者が気づいたか確認し、出来れば傷ができていないかその場で見ます。梱包が開けられない場合には運び込んだ先で、業者がまだいるうちに一緒に傷を確かめましょう。

 

壊れたら傷の写真を撮り、契約上はどういう扱いになるか話し合います。もちろん、そのためにはある程度契約時に補償や保険について話し合っておくことが必要です。

 

一般的な家具を、特殊な機材などを使わずに運んでいる途中で、
事故でぶつけたのなら、修理代が出るか、業者側で負担して修理して戻してくれます。

 

出来れば最初に取り決めを確認しておく

引越し時の賠償金額について、それと賠償の方法については、各社で細かい決まりがあります。見積もりの時には調子よく安うけおいをして、聞いても詳しい内容を説明してくれない、という業者がいます。このような業者は後で何かあった時に、のらりくらりとはぐらかされてしまう恐れがあります。

 

必ず大まかなガイドラインを確認しておきましょう。引っ越し業者は一社だけでなく、何社か見積もりをとって見比べると良いでしょう。一括の見積もりなどを使うと便利です。提示された金額だけでなく、電話対応の態度や、見積もりの時に説明してくれる内容なども考慮して引っ越し業者を選びましょう。

 

引っ越し業者と実際にトラブルになり、
話し合いがまとまらない場合は消費者センターなどに相談することをおすすめします。

トップへ戻る