引っ越しの貨物保険

引っ越し、格安、と検索すると沢山の業者がヒットします。

 

しかし、実際に見積もりを取ってみるとそれほど安くなかったり、
必要な物が全部別料金だったりと、とんでもない業者もいます。

 

安すぎる業者では、荷物の扱いが乱暴で引っ越し荷物が運搬中に壊されてしまった、家具に傷が付いた、ということトラブルが沢山あります。そんな時には泣き寝入りをしなければならないのでしょうか。

 

運送業者貨物賠償責任保険

引っ越し荷物には運送会社が損害賠償保険を掛けることになっています。
これは、引っ越しの最中に引っ越しの会社の責任で荷物に傷つけた場合、
損害を補償するという保険です。

 

業者が運んでいる途中にタンスの引き出しを落として、引き手が取れてしまった、
という場合は直してもらえるのです。お皿が欠けた、花瓶が割れた、
などもはっきりと運送会社のミスだと分かればある程度弁償してくれます。

 

引越荷物運送保険

これは荷主が自分でかける保険です。
運送会社がかける保険は細かい規定があって、高価な物や壊れ物は対象外です。
貴重品や壊れ物などがある場合は必ず自分で保険をかけます。

 

しかし、骨とう品やアンティークドールなどはその辺の中古品と同じ程度の補償しか受けられない場合がほとんどです。引っ越しの業者は保険会社と提携していて、引っ越し料金と一緒に清算できます。

 

見積もりをもらう際に、
保険をかけるようなものがあるかどうか聞かれますので、良く内容を確認しましょう。

 

保険がきくのは

自分でかける保険は個別のプランが選べますが、
運送業者がかける保険はどのような内容なのでしょうか。

 

運送業者貨物賠償責任保険は個別の案件ではなく、年間契約で運送会社が保険会社と契約する保険です。保険会社により提供するプランは多少違いますが、ほとんどの引っ越し業者は必ず何かしらの保険に入っています。

 

業者が行った梱包が不十分だったために箱が破損して中身が損なわれた、積み下ろしの際にぶつけた、などはっきりと運送会社に責任がある場合に賠償されます。台風や地震などの損害は補償されませんが、通常の雨で濡れてだめになったのは補償されます。

 

ただし、引越しした当人からの請求が無ければ賠償しませんし、一度電話で「かもしれない」と言っただけでは請求したことにはなりません。事故などで荷物を壊された場合は、きちんと確認して、請求方法を確認して、請求出来るようなら請求しましょう。

 

見積もりの時に確認

一括などで見積もりを請求した時には詳しい話は分かりませんので、その中からいくつかの業者に来てもらい、実際の荷物を見てもらってから改めて見積もりをもらいます。

 

その時に、保険についても確認し、運んでもらう荷物の中に高価な物があれば、それにかかる保険金も一緒に見積もってもらいましょう。高価な物というのは30万円くらいからの物です。

トップへ戻る