ペットを連れた引っ越し

ペットは大事な家族です。
引っ越しの時にも、十分な注意を払い、怪我をさせたり、悲しい思いをさせたりしないようにしましょう。

 

マイカーでの移動

車に慣れている子なら、一番楽です。

 

ケージやバッグに入っていてもらい、いつもと同じような環境で引っ越しが出来ます。ただ、距離が長くなると酔うこともありますし、車に慣れていないと暴れることもあります。

 

子供と同じように、熱い車内に長時間置いてはいけません。酔い止めやおやつ、水など、準備万端で臨んでください。マイカーで引っ越しできるかどうかは、そのペットの普段の状況で判断します。

 

業者のオプションを利用する

引っ越し業者の中には、ペットの引っ越しもオプションで請け負うところがあります。

 

有料ではありますが、これだと、引っ越しの時にペットがどうしているか、あまり心配しないで済むという利点があります。中には、飼い主も一緒の車に乗せてくれる業者もあります。

 

一括で見比べて探し、電話などで必ず金額や配送方法、
運んでくれる動物の種類などの確認を取ってから頼みましょう。
ケージやリードを使うかどうか、ペットホテルの利用はできるか、など色々な点で違いがあります。

 

ペットタクシー・ハイヤーの利用

ペットを一緒に乗せてくれるタクシーやハイヤーがあります。

 

途中で乗り換えたりしなくて済みますので、逃げられる、騒がれて周りの迷惑になる、
といった心配がありません。飼い主と一緒だと、ペットの方も安心です。

 

公共交通機関の利用

猫や犬などの小型の動物で、おとなしい性質の場合は、
バッグやケージに入れた上で別料金を払えば電車やバスが利用できます。

 

ただ、鉄道各社で条件が違いますので、
必ず事前に確認しましょう。他の乗客の迷惑になる恐れがある動物は、利用できません。

 

ペット専門の運送業者を利用する

ペットの輸送を専門に扱う業者があります。
設備もあり、慣れているので、ペットの扱いは安心です。

 

時間や動物の種類などで料金は変わります。

 

ペットを連れての引っ越しは、大変でもありますが、新生活への期待もふくらみます。
健康に、仲良く過ごせるといいですね。新居が荷物でいっぱいで、ペットが興奮してしまう、
という時には、片付けが済むまでペットホテルを利用するという手もあります。

 

引っ越し先が賃貸でペット可物件の場合、ペット可というのは建物を汚したり壊したりしてもペットのすることだから仕方がない、というわけではありません。退去時になって高額な請求をされたり、不本意なもめごとを起こしたりしないよう、ペットの爪切りや排せつのしつけ、抜け毛の掃除や排水溝のつまりなどには十分に注意しましょう。

トップへ戻る